ギャルリーオブジェ展覧会実績など  

マウスを乗せると、展覧会のご案内状などを右側に表示いたします。
1979年3月ギャラリーファインアートから独立開業、 神戸市中央区下山手通り(鯉川筋)に画廊(ギャルリーオブジェ)をオープンする。
5月法人設立(株式会社オブジェ
9月高塚省吾の取扱を始める。
1980年8月柏村勲個展
1981年7月柏村勲リトグラフ集出版
10月高塚省吾素描展
1982年10月高塚省吾パステル展
11月和気史郎の取扱を始める。
1983年9月高塚省吾個展(於:岡山・天満屋)
10月田村能里子の取扱を始める。
1984年5月高塚省吾個展(於:広島・天満屋)
1985年2月和気史郎個展
津留雅美展(女流銅版画家リレー作品展)
3月白佐愛子展(女流銅版画家リレー作品展)
庄野予侑子展(女流銅版画家リレー作品展)
4月松浦安弘油絵新作展(於:姫路・山陽百貨店)
5月広田雅久銅版画展
8月堀晃個展
9月素描の魅力展(青山亘幹・石踊紘一・岡村倫行・鹿見喜陌・畠中光享・上尚司・栗原喜依子・国領経郎・前田利昌・柳沢淑郎)
10月塚越仁慈新作展
11月高塚省吾新作展
12月彫刻9人展(東修二・大島克文・太田政治郎・岡田憲一・加納秀美・竹田正美・津野充聡・中村英士・宮崎和代)
1986年3月西脇那智子新作展
数野繁夫・手代木克信二人展
4月司修の取扱を始める。
5月佐々木麻こ新作展
6月坂本善三版画展
7月高塚省吾個展
11月和気史郎油彩展
12月サンタのおくりもの展
1987年3月南和好個展
5月広田雅久個展
6月岡野博個展
8月高塚省吾個展
9月絵画フェスティバル(於:芦屋・大丸)
10月第1回星々展(青山亘幹・岡村倫行・鹿見喜陌・畠中光享・平松礼二・山本真也)
11月前田利昌・松浦安弘二人展
手代木克信個展
1988年3月彫刻三人展(池田宗広・中垣克久・峯田義郎)
増田常徳の取扱を始める。
4月堀江優小品展
5月絵画フェスティバル(於:芦屋・大丸)
司修ミニアチュール展−永遠なるガンジスの流れ−
7月ルネ・ラリック展
8月津吉ゆうこ銅版画展
10月高塚省吾個展
11月高澤圭多個展
1989年3月駆ける画家達(加賀美勣・佐々木豊・増田常徳・司修・室越健美)
4月庄野予侑子個展
5月手代木克信・松浦安弘二人展
7月増田常徳個展
10月高塚省吾個展
11月女の横顔(栗原喜依子・佐々木豊・高塚省吾・司修・林敬二・増田常徳・山本貞・山本文彦)
1990年3月駆ける画家達(佐々木豊・司修・林敬二・増田常徳・室越健美)
4月手代木克信個展
6月司修銅版画展
7月■神戸市中央区磯辺通り(フラワーロード)に画廊を移転する。
デ・キリコ&20世紀の巨匠展
8月扇田克也の取扱を始める。
9月増田常徳個展
10月高塚省吾パステル画展
12月女の横顔(江村正光・金森良泰・金子眞・久保昌由・栗原喜依子・田村能里子・司修・手代木克信・堀研・増田常徳・山本貞)
1991年2月ベルナール・ビュッフェ展(油彩を中心に)
5月デ・キリコ版画展
手代木克信個展
6月駆ける画家達(安徳瑛・江村正光・金森良泰・田村能里子・林敬二・藤原護・堀研・増田常徳・松浦安弘・室越健美)
7月司修ミニアチュール展−禁断の木の実−
9月増田常徳 VS 室越健美 展
10月久保昌由個展(ベルギー留学帰国記念)
11月高塚省吾個展(作品集出版記念)
1992年2月2月の風(久保昌由・松原政祐・瀧本周造・山口謙二)
4月現代を駆ける画家達(安徳瑛・酒井信義・佐々木豊・高塚省吾・田村能里子・寺井浩一・藤原護・堀研・堀晃・室越健美)
5月司修ミニアチュール展−幻想旅行−
6月扇田克也ガラス展(世界現代ガラス展グランプリ受賞記念)
10月高塚省吾個展
11月増田常徳個展
田村能里子の仕事展
1993年4月藤原護個展(小磯良平大賞展佳作賞受賞記念)
5月司修−川端康成文学賞を受賞する。
北条正庸 VS 室越健美 展
6月手代木克信個展
7月扇田克也ガラス展
9月久保昌由個展
10月高塚省吾個展
11月内田あぐり VS 増田常徳 展
1994年4月室越健美のオブジェ展
5月司修の仕事展(川端康成文学賞受賞記念)
6月手代木克信個展
7月扇田克也ガラス展(五島記念文化賞美術新人賞受賞記念)
10月高塚省吾個展
12月松村繁個展
1995年1月■阪神淡路大震災にて画廊全壊する。
3月予定企画消化の為、倒壊を免れた近隣のビルにて仮画廊を再開する。
5月扇田克也ガラス展
8月司修展−大江光・その音の記録−
10月高塚省吾個展(於:岡山・天満屋)
高塚省吾個展
12月松村繁個展
1996年1月久場政一の形展
3月高塚省吾個展(於:名古屋・丸善)
4月籔内佐斗司メタルワーク展
9月松村繁個展
10月高塚省吾個展
11月増田常徳個展
12月田村能里子個展
1997年1月久場政一個展
6月手代木克信小品展
9月予定企画完了の為仮画廊を閉鎖、神戸市東灘区に移転する。
以降デパート企画とインターネットを通じ作家紹介を続ける。
1999年5月堀井聡の取り扱いを始める。
2000年7月中上誠章の取扱を始める。
2004年6月青木秀明の取扱を始める。
2005年5月堀井聰・青木秀明二人展